2009年05月29日

消しゴムはんこの販売価格が安すぎる件

ブログやWEBサイト、オークションで消しゴムはんこを販売されている価格の安いことについて一言、申し上げたいと思います。

通常の経済活動、いわゆる仕事の対価について考えてみましょう。
例えば、美容院で髪を切りました。
カットやセットやなんやかんやでお代は10000円です。
この場合10000円の根拠は
材料代おそらく数百円+技術料9千数百円=10000円
2時間かかったとして時給約5000円

この技術料にはその美容師さんが美容師になるまでの学費やはさみ代、
今から支払う店の家賃、従業員、アルバイトの人件費等、様々な対価が根拠になっています。

別例
店の機械が壊れました。
修理を依頼します。

お代は基本出張料15000円+交換技術料(1時間)7800円+交換部品実費
というケースは普通です。

これも、別にボッタクリではなく正当な根拠があっての料金です。

これらの例に比べて消しゴムはんこの値段の安さは何でしょう?

「消しゴムはんこ8個セット」840円とか
「オーダーでお名前入れます」500円とか

確かに材料代ははんけしくんやほるなびの数百円の何分の一かも知れませんが技術料の部分が恐ろしく安いと思います。

確かに会社員でもなく、一般の主婦が自分の空いた時間に楽しんで
彫っているんだから損をしなければお金はいくらでもいいの、
とか、お金のためにやっているんではなくて、人が喜んでくれるのがうれしいの、とかいう理論はあると思います。

しかし、資本主義社会の中で少しでも利益を追求しようとしている人にとっては迷惑この上ないと思います。

上の理論をお持ちの方も本当は少しでも高く売れるものであれば売りたい、と思っているはずです。
私の彫ったはんこなんか、高く売るのは申し訳ないし、売れるわけ無い。
と思っている方もいらっしゃるでしょう。
安くても高くてもほしい思うお客様がいれば売れるのです。

実際にヤフオクで小さいけしごむはんこが5000円以上で
落札されたのを見たことがあります。

ためしに今の倍の価格で販売してみましょう。
売れる数は半分に減るかも知れませんがまったく売れないことは無いと思います。
半分売れれば売り上げは同じになります。しかし、それにかける労力は半分になります。
空いた時間であんなことやこんなことやそんな事まで出来ます。
(ようわからんが・・・。)

とにかく価格設定は
材料代+作業時間給最低1時間1000円としたいと思います

主婦であろが学生であろうが仕事に対する正当な利益は得て当然です。
構想やためし書きや書き直しの時間も当然含まれます。

買ったお客様もWIN、販売した方もWINの関係が望ましいと思います。

ん?倍にしたらまったく売れなくなった?
それは技術力不足です。
倍の時給を取れるように、まずは技術を磨いて出直しましょう。










そんなえらそうなことを言うわしが、いままで彫った消しゴムはんこの数
















2個・・・・・・・すまん
けど、消しゴムはんこはまだ売ったことないので勘弁!




この記事に賛同いただけた方はクリックよろしく!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり工作へ
posted by はんこ屋 at 03:55| Comment(6) | 消しゴムはんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イマは市販のゴム板ハンコも、安くてカワイイのが沢山売ってるからなのか


でも確かに、少なくとも名前入りは400〜500円よりモット高くていいはずだ。


と、思うので

僕の店は4〜5百円では買えない、それなりに高いよ(^_^;)


でもガッカリされないように、オープン特価から価格を上げる時には、
持ち手はコルクから木にしたりはした。


カットやヤスリがけやらも面倒ですが。


今の所、お客さんは喜んでくれてるから、まあ妥当な値段なのかなと。


たまたま文句言えない気の弱いお客さんしか注文きてないだけか??



でもヤッパリ、好きな事して喜んで貰うだけで十分てヒトもおるんやと思う〜〜


僕も、前回の注文で納品した時に、お礼のメールとかまでくれて、めっちゃ喜んでくれたヒトの再度の注文には、
オマケ、
スゴク手が込んでるのつけてみたり。

材料費も手間もかかってるが、
でもまた喜んでくれるかな〜〜??とニヤニヤしながら作ってる時間が、

楽しい。


安くでいいヒトの中には、
そんな、「この量の定食で100円ランチ!」みたいな、

「赤字でもウレシイ」みたいなヒトも居るんやろなあと。




それに多分、「だって消しゴムやん」って思われる気がするんちゃうかな〜〜

扱いが悪いと、ゴム板より強度ないから欠けたりするし。



あと、ミンナがカワイイと思う図案て かぶったりするから、
今時、百均ですら似たようなのが売ってたりするし、

「じゃあ消しゴムなのにそんなに値段取れないな・・・。」って思わはるんちゃうかな〜〜


でも確かに、オークションでは、

「このクオリティでこの値段!」て言うのをみた事がありますな。


オークションやと余計、
最初から高いと・・・って悩みどころなんやろうか。


でも、今の時代、




手作りが一番贅沢なんやでっ!



大量生産大量販売はそりゃあ安いさっ


まぁ安くても、プライド持って作ってはる所もあるやろうけど、



服でもなんでも、

今は手作りより買った方が安い&早い。



でも、
手作りには、既製品にないものがあると思うよな!
な!



安くて早い弁当、
便利やけど、

手間ヒマかかった母のゴハンのがどんだけウマイか!(チョットチガウか?)



まー
買う側からしたら、手間ヒマかかってて安いに越したことはないけど


誰でも安かろう悪かろうはイヤやし、

多少値が張っても、他じゃ手に入らないものを欲しいってヒトもイッパイおるやろし。


納得できないまま売るくらいなら、

ソコを解ってくれるヒトにだけ売ったらいいとは思う。


ただ、
ネットで見てても、「高かっ!!」て思ったハンコもあるし、

「高いのにイマイチ」にならない様に気をつけなければ・・・




オークションで安くで売ってるヒトの中には、どのくらいで売れるのかお試しのヒトも居るかもなーー





長くなってしもた。
すんません。



心のこもった一点物、
ソレ相応の値段で売れたらいいなっ
なっ






Posted by ウエカン at 2009年05月29日 14:14
長っ!!

思わず文章の長さに笑。
やられた〜〜って感じ。

>でも、
>手作りには、既製品にないものがあると思うよな!
>な!

そうそう、その人にために心を込めて作るのが一番!

わしは既製品も作っているがひとつひとつ
心を込めて作っておる。

商品の価格というのはかけた愛情に比例してしかるべきだと思う。

愛情をかけて育てれば商品も子供もすくすくかわいく育つのだ。

それはそうと、
もしかしてあなためっちゃ絵うまいやん。
前からクオリティは高いと思ってたけど・・・。

スタンプの下絵書きの仕事あるけどいかが?
よかったら、右の「メッセージを送る」からメール頂戴。
よろしく。



Posted by はんこ屋 at 2009年05月29日 14:48
むわじでっ!

ボッサ(←多分ごっさを超えた)やりたい〜〜


メエルしまっす。


そして再度見て我ながらビックリ


俺コメント長っっ!!


自分のブログページか!!

かさねてスススンマセンです。
Posted by ウエカン at 2009年05月30日 02:07
こんにちは
通りすがりのハンカーです。

オークションに出品しだして
1年半くらいです

自宅で100均の消しゴムに木の持ち手を使って作ってます。

そんなに大きなものは作りません
平均して300円でだしてます。

版けしやホルナビに比べれば経費かけてません
比較的彫る時間も短いです

なので 時給計算できません
技術料?それはオークション形式をとっているので材料費の実費以外はお客様判断で競っているのだとおもいます。

web ショップにおく場合は長く在庫しますし 宣伝活動もしなくてはいけないので ちょっと高めに設定しますが 最後はやっぱりオークションではいてしまうこともたたあり
今はオークションで手がいっぱいなので
オンリーです

Posted by もも at 2009年05月30日 09:16
コメントありがとうございます。
そうですねえ、時間給には構想時間や下書き、
台木を切ったりやすったりインデックスをつけたりといろいろな時間が加算されるので
計算しづらいかもしれませんね。
そういう場合は面積計算を使うのがいいと思います。
まず、基準になる大きさの販売価格を決めます。
その単価を面積で割って1平方センチあたりの単価を割り出します。
あとは、大きさにしたがって面積×単価で販売価格を決めてはいかがでしょうか?
Posted by ももさんへ←はんこ屋 at 2009年05月30日 10:09
はじめまして、今更コメントで失礼します。
全く同感なのでオオオと思ってしまいました!

私も最近始めたばかりですが、普段はWeb関係で技術料をしっかり頂く側の仕事内容なので、ネット販売で激安のオーダーメイド作品をみると勿体無いなーと思ってしまいます。

引いてはその人たちのせいで市場価格が下がるし良いことないですよね…
激しく同感して突然コメント失礼しました。
Posted by at 2013年06月09日 17:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。