2009年06月15日

タイガーマスク死す・・・・・・無念

プロレスラー三沢が亡くなった
無念だ

私が小さい時、ばあさんと一緒にプロレスをよく見ていた
普段はおとなしいばあちゃんがうれしそうに見ていたので
とても意外な感じがしたが、ともかくよく見ていた

最強タッグリーグ戦のザ・ファンクス対ブッチャヤー・シークとの
戦いはよく覚えている
当時はコールデンタイムに中継があり新日も全日もピークだったのではないだろうか?

時代は過ぎて84年、全日にタイガーマスクが登場した
あの、アニメのヒーローが現実に登場したのだ

まさにタイガーばりの空中殺法で観客を虜にした

90年タイガーマスクは自らのマスクを剥ぎ取った
プロレスラー三沢光晴の誕生である

なぜ彼が自らマスクを取ったのかはわからなかったが
おそらく客寄せパンダではなく本物のプロレスをオレが見せてやる
という気持ちからだったのではないだろうか?

プロレスラー三沢光晴の印象はとにかくしぶといということだ
受身のうまさににも定評があったが、「こりゃもうあかんやろ」という
試合で何度も勝利を重ねてきた

99年ジャイアント馬場が亡くなった
次いでジャンボ鶴田が引退した

2枚看板を失った全日本プロレスは三沢光晴を社長に押し上げた
しかし、その後ジャイアント馬場の夫人らとの確執が生まれ
新団体ノアを設立した

その後、プロレス界は橋本慎也のZORO−ONEはじめ他団体との
交流もあり再び盛り上がりを見せ始めた

もう一方の雄、武藤敬司がいる
彼は三沢がタイガーマスクとしてデビューした年、新日に入門した
年は同じ62年生まれである

彼は、プロレスをスポーツエンターテイメントとして捉え、自らを
プロデュースしてきた
彼の化身であるグレートムタは真の悪役ヒーローである
(私の朝のテーマソングはグレートムタ協奏曲である)

しかし、新日の格闘技路線に反発し、海外や他団体への参戦を続け
ついに全日入りするにいたった
そして、馬場婦人から全日の株式を譲り受けオーナー社長に就任した
社長就任後も彼のプロレスは面白い
プロレスLOVEポーズは観客のテンションを上げる

エンターテイメントが高じてハッスルに参戦し、インリン様にモンスターボノ(曙)という子供まで生ませてしまっている

タイプは違うが両者ともプロレス界を盛り上げよう、プロレスの面白さを広げようと努力した勇者達である

二人のシングルマッチが見たかった
武藤のシャイニングウィザードから立ち上がる三沢が見たかった
タイガードライバーが見たかった

合掌


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
posted by はんこ屋 at 22:16| Comment(4) | 何でもない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プロレス詳しないし、
彼がタイガーマスクやった事すら知らんかったけど

タイガーマスクの試合ビデオ見て、
「すげー!!!」

とテンション上がったのは覚えております。


合掌。
Posted by ウエカン at 2009年06月16日 16:58
youtubeでグレートムタ検索してみ
・・・・はまるで

だんだん音楽が頭から離れんようになって
しまいにグレートムタ協奏曲でテンション上げ上げになるよ

まぁ、一晩かかるけどな
Posted by はんこ屋→ウエカン at 2009年06月16日 19:23
聞いたぜよ

予想外に和風なのね(曲間違ってるかな?)
Posted by ウエカン at 2009年06月20日 00:22
あってるよ
シャミがいいのよ、シャミが

ジョンガラ系やね

あぁ〜、生で聞きてぇ〜〜
Posted by はんこ屋→ウエカンさん at 2009年06月21日 03:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。